「子ども・いのち・生きる」をテーマに

悩みや苦しみ、悲しみ、孤独感などを安心して話すことが出来ますように…

おひとりおひとりの心に寄り添います。